メイン

2002年2月27日

昔見た夢「恐竜編」

この夢を見たのは最初のジェラシックパークを見た後だと思う。
あの映画じゃ登場してないはずのプテラノドンがメインキャラだった。なんでだろう。三作目を予測してたのか?

何故か子供を10人ぐらい引き連れてにげ惑う。
まだこの段階では何から逃げてるのかさえ解っていない。とにかく捕まったら食われちゃうよ!って恐怖だった。
空には大型の鳥が飛び回る。
近くに来て判った。プテラノドンだ。なんで恐竜が!
地上にも小型の恐竜の気配がする。追いかけてくるのが分かる。肉食なのは間違いない。
とにかく逃げて逃げて逃げ回るのだが何処に恐竜が居るのか分からない。
子供達は小学校低学年ぐらいか。
みんな怯えきっている。半分くらいの子は泣いている。

映画ジェラシックパークのようなシーンを想像しそうだけど、自然公園でもジャングルでもない。ここは住宅街。恐竜に破壊されたのか荒れ果てている。
自分たち以外に人間は見あたらない。自分たちだけ逃げ遅れたのか?取り残されてしまったようだ。

壊された建物の中に逃げ込んで崩れた何かの下に潜り込んだ‥。
巨大なテーブルとかグランドピアノかな?足は折れて隙間は狭い‥30cmから50cmくらい。その上にも何かの瓦礫が乗っている。
子供達はみんなべそかきながら周りの様子をのぞき見る。声を出さないように口を押さえてすすり泣く子もいる。
隙間から恐竜の足が見えたりした。のぞき込もうとするプテラノドンの口の部分が見えた時は息をのんだ。
しばらく潜んでいると、静かになった。
ちょっと様子を見る。どうやらいなくなったらしい‥
と思ったら大きな影が‥そこに夢のクライマックスとなるティラノサウルス・レックスがいる。
気付かれたかもしれない。人間の臭いか?
T-REXが瓦礫を破壊し始める。
この建物の壁が破れるのも時間の問題だ!瓦礫なんか直ぐに剥がされてしまう。
声を殺していた子供達は思わず悲鳴を上げてしまう。仕方ないだろう。自分もさけんでたように思う。
T-REXがいる反対側の狭い穴から全員脱出。
気付くT-REX。
直ぐそばの路地を見つけて子供達と必死に逃げる。走れない子供は抱きかかえ。もう必死。
路地を破壊しながら追いかけてくるティラノサウルス・レックス。
T-REXには狭すぎる。それでも力ずくで身体を押し込んで追いかけてくる。
よく夢ではスローモーションになって速く走れないとか、足元がぬかるみに填るなんてのがあるけどこれは違った。
全員全力で走る走る。
速く逃げられないのは子供を団体で引き連れているからだ。なんという演出。リアルすぎるぞ!この夢は。
ティラノサウルスに食われる前に目が覚めた。もうヘトヘト。

2002年4月26日

また恐竜編の夢

久しぶりに追いかけられる夢を見ました。(これ何故か連続もの)
何人かのグループで逃げまどっています。僕はその中にいる何人かの子供のお守り。小学生ぐらいかな。人種はざまざま。追ってきているのは、小さいのは虫から大きいのは恐竜クラスまで、逃げ切ったと思うと次から次へと現れます。
なんとか無傷の屋敷の中に逃げ込んだんですが突然天井が破られる音。慌ててベッドの下に子供達を隠し僕も入って(これで満員なので他の大人は入れず‥って自分は大人なのにしっかり入ってますが^^;)子供達の頭を押さえた途端、家の屋根が破壊されたらしく、日の光が部屋の中に。ベッドの隙間から逃げまどう人たちの足が見えます。床に落ちる影から襲っているのが天井をぶちこわして部屋の中に頭を突っ込んできた巨大生物らしい。他にも人ほどの大きさの鳥も襲いかかっているようでベッドがきしみ、大きく揺れて持ち上げられた。
ひえ~。
子供引き連れ猛然と逃げ出し、後ろでは断末魔の悲鳴が聞こえます。
そこで目が覚めた。寝てたのにかなり疲れました。
この夢シリーズは前回見たのが数年前なので、もう見ないと思っていたのに...めちゃくちゃ恐いんですけど(T_T)
毎回逃げ切っちゃうから続くのかな?
これってハリウッド映画の影響受けてると思うんですよね。
今回のは「ジュラシックパーク」っぽいの以外にも虫が地面一面にって「黒い絨毯」とか、走って逃げればヒッチコックの「鳥」っぽかったり、地下に逃げると「エイリアン」(一作目)ぽい演出もあります。
異性生物とか架空の生き物やゾンビなどは出てきません‥恐竜は昔いたわけですが微妙に想像か?あと登場するのは殆ど現存する生物です。
今回の巨大生物は何だったのか、逃げるの必死で結局見れませんでした。
毎回襲ってくるものは虫クラスの小さいものまで含めて見ることは殆ど無いんです。演出的にそこにいる!って感じですか。
閉めたドアの向こうに迫るとか、影が見える、破壊されて飛び散るものとか...直接見れる距離では振り返る余裕なんて無いし。

2006年1月 4日

初夢(それは反射神経型の戦闘で始まった)

今年の初夢は『蚊』との戦いで幕を開けました。
体長5cmを超えそうな巨大な蚊が登場します。
華奢な蚊のイメージはありません。
鍛え抜かれた強靱な肉体。
フルアーマーを思わせる分厚そうな外骨格。
ごわついた体毛。

それと対決する『私』はパジャマ姿で、
武器は片手に握り締めたスリッパ。

分が悪すぎます。
舞台は架空の寝室(だと思う)

蚊は体重もありそうな飛び方でふわふわした感じが無く直線的。急降下するように攻撃してきます。
腕などにとまると機関銃のように素早く数カ所刺してこちらのリーチが届かない距離まで離れます。
しっかり間合いをとっている。
窓枠にとまった時チャンスと叩いたんですが、若干ズレ「しまった!」と思った瞬間、もうこっちの目の前まで接近している!!
肩にとまったので思いっきり叩いたその時‥。

自分の枕を叩かれる「バンッ」という大きな音と風圧で目が覚めたんです。かなりビックリしました。
眠りながら凄い勢いで自分の枕を叩いたらしく、手の平がヒリヒリしてます(-_-;)
眠っていてもこんな勢いで叩いたり出来るんですね。
布団の乱れ方からかなり格闘していたみたいです(^^ゞ